太陽光発電を導入する上でネックとなるのが初期費用ではないでしょうか?
太陽光発電を設置するには高額は費用がかかりますので自己資金で賄うのは中々難しいです。
ローンを組んで月々の分割払いが出来ればありがたいですが太陽光発電はローンを組むことが出来るのでしょうか?

実は太陽光発電を導入する際にはローンを組むことが可能で、これをソーラーローンといいます。
特徴としては通常のローンよりも返済を長期間に設定でき低金利ということです。
返済期間は最長で15年、金利は基本的に固定金利となりますので当初設定された金利のまま返済が続きます。
利率は年3%前後で組むことが出来ます。

例えば金利3%のソーラーローンで支払総額が100万円の場合、10年払いなら付く月の支払金額は約9600円、15年で約6900円となります。
この程度の金額であればある程度大きい太陽光発電を導入しても経済メリットを十分に享受することが出来る金額と言えます。
金利や返済期間は販売店や銀行によって異なりますので、いくつか借入先を比較検討すると良いです。

注意点としてはメーカー補償の年数とローンの年数を同じにすることです。
例えばメーカーの補償が10年でローンを15年で組んでしまうと、11年目移行に何かあった得にはローン金額に修理代金が上乗せされてしまうからです。
ですからメーカー補償が10年であればローンは10年で終わらせてしまうほうが良いでしょう。土地付き太陽光発電