電磁石エンジンって何なの?

電磁石エンジンとはモーターのことです。
電気が流れている時だけ磁石になるもののことを電磁石と言い、でんちの向きを変えることが出来更に磁力の強さも換えることが出来るという特徴が電磁石には有ります。
マルイねナメル線に巻きつけ中に鉄の芯を入れることで電磁石を作ることが出来ます。
コイルに流れる電流を大きくする、コイルの巻き数を多くする、コイルの中に入れる鉄芯を太くするなどすると電磁石を強くすることが出来ます。
電磁石にもN極とS極があり永久磁石同様にはしの方が磁力が強いです。
今まで意図日とは電気や磁力の現象の存在には気づいていたものの、それがどんなものなのか謎のままでした。
ですが長年の研究と実験により電池が発明されたことをきっかけに電気屋磁力に関する研究が急速に進んだのです。
しだいに電気と磁力の関係があきらかになり、多くの学者たちが電気エネルギーを運動エネルギーに変換する装置の研究開発に挑戦し始め、1850年に人類初の電磁石モーターを発明したとされています。
その後現代の藻^たーの基本となる回転式モーターの発明されるようになりました。興味がある人はコチラへ